インプラント

インプラント治療で大切にしていること

インプラントとは、事故や年齢的な問題などで歯を失ってしまった時の治療法の一つで、人工歯根として生体親和性の高いチタンという金属を骨の中に埋め込み、その上部に人工の歯を取り付けることでなくなった歯の機能を再現するものです。

当院でインプラント治療を行う際に重視している点は「歯が失われた原因をしっかりと追求する」ということです。
なぜその歯がなくなってしまったのかを考えずにただインプラントを入れる処置を行うだけでは、快適に噛むことができず、せっかく入れたインプラントも長持ちしません。

患者さまの年齢やライフステージも考慮した上で、かみ合わせや歯周病など口腔内全体の環境改善を念頭に置いた永続性のある治療計画を大切にしています。

上部構造の選択

インプラント治療では、インプラント体を歯ぐきに埋入する手術ばかりに注目が集まりがちですが、歯の部分にあたる被せもの(上部構造)の素材の選択も治療の仕上がりを左右する重要な要素です。

当院では、歯列の全ての歯をインプラントにする方にはジルコニアセラミックを使う例が多くなっています。

セラミックはより天然の歯に近い色を出すことができ、金属アレルギーの心配もないおすすめの素材ですが、やや欠けやすいという特徴があります。かみ合わせが安定していない方や、元々奥歯に負担がかかりやすいという方は、場合によっては適度な柔らかさを持つゴールドが適していることもあります。

治療計画を立てる段階で、患者さまのかみ合わせを含めたお口の中の状態をトータルに考えた上で適した素材を複数ご提案し、見た目の美しさと機能面、予算面を考慮してベストな選択を一緒に考えていきます。

失った歯をそのままにしておくリスク

歯が失われた時にそのままの状態で放置すると、見た目が悪くなること以外にもさまざまな問題が起こります。

一つには、歯が抜けた部分に隣の歯が倒れ込んでしまい、かみ合う反対側の歯も伸びてくるために、顎の位置が徐々に変わってきて顔の輪郭の歪みに繋がることが挙げられます。
残された歯に負担が集中して欠けやすくなるほか、倒れた歯の根元や隙間が空いた歯と歯の間にはプラークが溜まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。
そのまま放置するとさらに奥の歯が倒れてきて、かみ合わせの乱れを引き起こす恐れもあります。過去に何らかのトラブルで治療をしている歯は特に影響を受ける確率が高くなります。

歯がなくなった時の対策として考えられるインプラント、入れ歯、ブリッジにはそれぞれメリットとデメリットがあり、比較検討に長い時間を費やしてしまう方も多いですが、残された歯を守るためにも適切な治療をできるだけスピーディに受けることが大切です。

治療後のアフターフォローにも幅広く対応します

インプラントは外科手術を伴う治療であり、どうしてもある程度のリスクやトラブルが起こる可能性が避けられません。

当院では事前に綿密な検査とカウンセリングを行い、あらゆる状況を想定して対策を充分に取った上で治療を進めています。
なお、他の歯科医院でインプラント治療を受けたものの、時間が経つにつれて不具合が発生し、やり直しを希望される方からのご相談を頂くこともあります。
治療後のトラブルの種類としては、インプラント体のぐらつきや脱落、長期間の痛みや腫れ、かみ合わせの違和感などさまざまなものがあります。

問題のあるインプラントの撤去を行い、その後は回復を待って骨の状態が良ければ再度インプラントを入れることが可能です。
周りの骨や歯肉が足りない場合は、必要に応じて歯肉や骨の移植にも対応できます。

― CONTACT ―
どなたでもまずはお気軽にご相談ください。
  • お電話でのお問い合わせはこちら 052-951-1900
  • 24時間受け付けております ネット診療予約はこちら