医院ブログ

2019.01.04更新

こんにちは、院長の田代です。

みなさん、歯を失う原因1位が何かご存知ですか?

 

むし歯を連想される方もいると思いますが、実は国民病と言われている歯周病なんです。

その発症率は35歳前後から上がっていき、40代になる頃には、

なんと8割もの人が進行に差はありますが歯周病を発症します。

 

なぜ、若い人の口の中にも歯周病菌はたくさんいるのに、35歳前後から発症率が増えていくのでしょうか。

この頃から加齢により免疫力が低下するせいだと考えられています。

若い頃は歯周病菌で歯茎に軽い炎症が起こってもたちまち治っていたのに、

免疫力が落ちたせいで修復のスピードが追いつかず、歯周病が進行するというわけです。

歯周病は、風邪などと違って自然治癒しません。

35歳からは、以前とは意識を変えて、歯のケアをさらに入念に行っていきましょう!

 

栄アイ歯科クリニック

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 全身疾患  (0)
  • かみあわせ  (0)
  • 歯周病  (1)
― CONTACT ―
どなたでもまずはお気軽にご相談ください。
  • お電話でのお問い合わせはこちら 052-951-1900
  • 24時間受け付けております ネット診療予約はこちら